万病と肌荒れの原因である便秘解消に役立つ?朝食抜きの一日二食の驚くべき効果

万病と肌荒れの原因である便秘解消に役立つ?朝食抜きの一日二食の驚くべき効果

多くの女性が抱えている悩みのひとつに便秘があります。お腹を下すこともキツイことですが、常に下腹が張ってしまい、すっきりしない状態が続くのは不快です。

また、この便秘が続く状態は、健康にもよくありませんし、美容にも悪影響があります。

肌を見ていると、「この人は便秘なんだろうな」とわかる肌の荒れ方をしている人が少なくありません。

また便秘は腸に便がたまっている状態になり、腸を通じて毒素が血液に流れ込み、血液を汚して、病気の原因ともなっていきます。

このように便秘には、大きな問題があるのですが、朝食抜きの一日二食は便秘にも効果があります。そこで、なぜ朝食抜きの一日二食が便秘に効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

朝食を抜くことで身体は排泄に集中できるように

まず人間の身体のサイクルには消化吸収排泄という3つのサイクルがあります。

便秘になってしまっているのは、この排泄の部分がうまく機能していないためです。

この排泄が行われる時間帯が、朝の4時から昼の12時までの8時間と言われています。

この排泄が行われる時間帯に、食事を摂ると、身体は排泄以外の、消化と吸収にエネルギーを使うことになり、排泄に集中できません。

その結果、身体から十分に毒素を出せない、つまり便秘になってしまいます。

しかし、朝食を抜くことによって、身体は排泄だけに集中できるようになるので、排泄が効果的に行われるようになります。

朝食抜きが便秘解消に役立つホルモンの分泌を促進

スポンサーリンク


また、さらに朝食を抜くことによる空腹感がとても重要な役割を果たしてくれます。

空腹感によって、腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激促進するモチリンというホルモンが、腸内に分泌されるようになります。つまり、腸が収縮し、腸内にあるhttp://lighteater.health358.com/wp-admin/post-new.php物質を動かすことを促進するホルモンが空腹感によって多く出てくるのです。

腸の動きが活発になるわけですから、当然、整腸作用となり、便が排泄されることになります。

空腹感は、通常の場合は8時間を過ぎると生じてきます。

朝食を抜くと、夕食から8時間以上食べない状態が続くことになりますので、空腹感が当然のごとく襲ってきます。

そのため朝食を抜くことは、モチリンが多く分泌される結果を生み出し、便秘にも効果があるということなります。

自分の個人的な体験として、朝食抜きの一日二食を実践するようになって、宿便と思われる匂いの強い、色の悪い便が出ました。

これも排泄が活発になり、整腸が行われたことの証に他なりません。

そのため朝食抜きの一日二食は、便秘解消にも効果があると言えますので、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ