断食の強力な解毒パワー!体内に蓄積する有害物質も排出

断食の強力な解毒パワー!体内に蓄積する有害物質も排出

現代社会で生活していると、気がついたら身体の健康に良くない有害な物質を含んだ食物を口にしています。

合成添加物・着色料残留農薬など数え出したらキリがないほどに、身体には良くない物質を、知らず知らずのうちに口にして、体内に蓄積させています。

もちろん高価な有機野菜無農薬の野菜、そして添加物のない食品をを購入できれば良いのですが、経済的にそれが許されない人も多いです。

そんな現代社会で避けることのできない問題も、断食の強力な解毒パワーの助けを借りることで、その問題を軽減することができます。

では、本当に、断食によって体内に蓄積する有害物質の問題を解決していけるのでしょうか。

スポンサーリンク

1960年代の難病の改善にも効果を発揮した断食療法

1960年代にカネミ油症事件という深刻な問題が起きたことがあります。

米ぬか油の製造をする過程で使用されたPCBが、配管ミスで油に混入してしまい、それが加熱されダイオキシンを発生させてしまいました。

その結果、その工場で製造された油を使った人々の体内に有害物質が入る結果となり、健康に甚大な被害を与えてしまいました。

その治療のため、いろいろな策が講じられたのですが、なかなか効果をあげることができませんでした。

そこで助けとなったのが、断食による治療法でした。断食療法を行うことにより、患者の症状が、神経の障害で95.6%、皮膚の障害では83%の改善が確認できたそうです。

ではなぜ、断食をすることにより有害物質を体内から排出し、症状を改善することができたのでしょうか?

断食で脂肪が燃焼されて、脂肪に蓄積された有害物質が排出されやすい状態に

スポンサーリンク


それは有害物質が脂肪に蓄積しやすいもので、断食をすることにより体内の脂肪が燃焼され、その脂肪に蓄積していた有害物質が血液中に出て、腎臓や肝臓を通じて排出されやすくなるためです。

断食をすると、体外からエネルギー源が入ってきませんので、身体は生命を維持するために、体内にある余分な脂肪を燃焼することでしのごうとします。

そのため断食をすると、体内にある脂肪が燃焼されていきます。その結果、脂肪に多く蓄積する有害物質を排出しやすい状態になるというわけです。

断食で有毒物質が体内から排出されるとはにわかに信じがたいと思いますが、このようなメカニズムで体外に排出されていくのです。

もちろん有害物質の含んだものを食べないことが健康に一番ですが、忙しく時間も少ない現代社会では、そこまでなかなか細かく気を使えません。

そのため休みなどを利用してプチ断食をしたり、一日二食や一食の生活を実践することで、体内の有毒物質を排出する時間を持つようにすることは、現代社会においてとても重要なことです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ