現代人は一日二食で太るほどの栄養を摂っている!三食で生活習慣病を克服するのは至難の業

現代人は一日二食で太るほどの栄養を摂っている!三食で生活習慣病を克服するのは至難の業

一日二食だと太るという話があるわけですが、その根拠となる理論が、空腹による飢餓状態で、身体がより強く吸収して、蓄えようとするからだというものがあります。

実際に、食事の回数が減れば、吸収力は高まりますので、無駄なく食べたものを吸収するのは事実です。

そのため余計に太るという理屈なのですが、しかし、このことから言えることは、現代人は二食であるにもかかわらず、太ってしまうほどの食事、栄養をとっているということでもあります。

ようするに二食でも太るくらいの、余分な栄養を摂ってしまっているということではないでしょうか?

スポンサーリンク

活動するのに必要とする以上の栄養を摂っているから太ってしまう

そもそも身体が活動のために必要とする栄養と、食事などで摂取する栄養とのバランスがとれていれば、太っていかないはずです。

いくら吸収力が高まるといっても、それは本来の人間の持つ能力・機能の範囲内であって、異常なことではありませんので、この需要と供給のバランスがとれている限り、太ることはありません。

実際に、昔の日本人は、少なくとも江戸時代くらいまでは一日二食の生活だったわけですが、裕福なごく一部の貴族や地位が上の人以外は、肥満と言われるような状態にはならなかったわけです。

そのためやはり問題なのは、二食だから太るのではなく、二食でも太ってしまうほどの栄養を摂ってしまっていることと、それに見合った肉体を使う活動をしていないことです。

一日二食にした場合でも、一日三食の食事の量より多くの量を食べることは至難の業で、たいていは、三食のときより全体の食事の量は減っています。

要するに、一日二食の生活では、三食よりも摂取する総カロリーは減少しているということです。

私自身ののプチ断食生活での体重の変化は、一日二食だけだと体重は現状維持、一日二食にウォーキングを加えると体重減、そして一日一食では、ウォーキングをしなくても徐々に体重減していくという状態です。

つまり、一日二食でようやく需要と供給のバランスがとれている状態で、活動に必要なエネルギーは十分に摂取できるということです。

私は三食生活では生活習慣病である高脂血症を克服できなった

スポンサーリンク


三食をとる生活だと、かなり気をつけて食事制限をしないと、国が推奨している一日の適正カロリーを簡単に超えてしまいます。

食事は人間の生命維持に必要な栄養素を確保するためのもので、三食によってその摂取が過多になっているとしたら、三食を取る必要はないのではないでしょうか。

特に生活習慣病を抱えている人が、一日三食でそれを改善するには、シビアな食事制限かなりの運動量を必要とします。

しかし、一日一食や二食にして一日の摂取する総カロリーが減れば、大きい負荷をかけなくても、体重を落とすことができます。

私は生活習慣病の1つである高脂血症に10年以上苦しんで、タバコや酒をやめても、一日1万歩のウォーキングをしても解決しませんでしたが、プチ断食生活ですっかり完治する事ができました。

生活習慣病を抱えている人には、生姜紅茶やにんじんりんごジュースなどを飲みながらのプチ断食をオススメしたいです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ