タモリさんの健康の秘訣は1日1食と断食だった!生放送ギネス記録達成の裏にあった食生活

Tamori secret of good health

お笑いタレントのタモリさんをタモリさんと言えば1982年10月から2014年3月までの32年間にわたる「笑っていいとも」のMCを務めていたため、知らないという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。

その笑っていいともは、その長期間にわたって生放送で放送され続け、その回数は全8054回にも及んでいます。タモリさんはその間、夏休みなどの定期的な休暇の他には、番組を休むことは稀でした。

臨時休暇をとったのは、ヨットの支柱に額をぶつける事故、小型船舶免許取得、ゴルフのプレー中の事故によるもので、健康に関連するところでは体内検診(白内障の手術)だけとなっています。

つまりタモリさんは30年以上の笑っていいとものMCとして、インフルエンザ、風邪などの症状で番組を休むということはなかったということです。

そのタモリさんが実践していた健康法が「1日1食と1日断食」でした。

タモリさんは仕事を全うするために少食生活を選択

スポンサーリンク

タモリさんがテレビ番組で以下のように発言したと、「ゆほびか」という雑誌で紹介されていました。

【笑っていいとも放送内での発言】

タモリ「オレ、1日1食しか食べない」

【とんねるずみなさんのおかげでした放送内での発言】

中居正広「タモリさんは、27時間テレビで1回も食べなかったんですよ。僕らなんか昼食べて、間の時間におにぎり食べてとかですけど、何も食べなかったんですよ」

タモリ「食べるとね、絶対にバテると思ったの」

中居正広「一週間に1回、断食してるんですって?」

タモリ「完全に24時間食べない!」

タモリさんは、2012年に66歳でフジテレビの27時間のMCを務めているのですが、その際にはバテないために食べなかったと話しています。

食べて精力をつけて、食べてエネルギー補給して、というのとは真逆となるわけですが、そのほうがタモリさんは身体が楽だと感じていたし、そのことを以前から知っていたということです。

生放送という緊張感が必要な状況MCを27時間という長丁場にわたって務めるためには、体力も必要ですし、頭のシャープさもキープする必要があります。

食事をすることは胃腸に大きな負担をかけることになりエネルギーが多く使われ、血液は胃腸に集まるため、頭の回転が鈍くなります。

しかし、食事をしなければ、先に述べたような生理現象が起こらず、頭をシャープな状態で保つことができ、食べたものを消化することによって使われる体力を温存することができます。

タモリさんも少食生活の実践でグルカゴン人間になっている可能性が

スポンサーリンク


またタモリさんは、普段から1日1食、1日断食をすることによって、体内の脂肪を効率的にエネルギーに変えるのに役立つグルカゴンというホルモンが良く分泌される体質になっていると考えられます。

グルカゴンは、人間が空腹の時に多く分泌されて、体内の脂肪を取り崩してエネルギーに変換するのを助けてくれるのですが、グルカゴンを出す細胞は、空腹を経験すればするほど訓練されて発達し、より効率よく分泌することができるようになります。


参考記事:高橋尚子さんはマラソン前に食事を摂らなかった!グルカゴンで空腹でも力が出る


脂肪というのもは、少量でもかなりのエネルギーを供給でき、脂肪1グラムは9キロカロリーのため、42.915キロのフルマラソンを走り切るのに必要な脂肪は200グラムで良い計算になります。

トップアスリートは体脂肪率が10%を切っていますが、それでも体重の5%から6%となりますので、少なくとも2キロ以上の脂肪を蓄えています。

普通の人であれば、当然体脂肪率が15%から25%となりますので、十分すぎるほど蓄えられています。

そのためタモリさんのように普段からグルゴガンがよく分泌される生活をしている人は、27時間テレビのような長丁場では、食べないほうが効率よくエネルギーを使えることになり、頭もシャープで、身体も楽になると考えられます。

もちろん食事の量を減らしていない人が、いきなりタモリさんのようなことをやれば、身体が慣れていないので、体力が続きません。

私は1日2食を基本に、1日1食を織り交ぜる生活をしていますが、食べないほうが頭の回転も良く、身体も楽だということを身をもって体験しているので、タモリさんがやっていることも非常に納得できるものがあります。

食べ過ぎていると体内の余分な栄養素や老廃物を処理することに白血球が忙しくなります。そうなると体外からのばい菌を処理する役目を果たせなくなり、病気にかかりやすくなります。


参考記事:食べ過ぎで風邪を引きやすくなる!?過食がもたらす免疫力の低下


タモリさんが週5回の生放送を守り続けることができたのも、この1日1食と1日断食をしていたことが助けとなっていたのかもしれません。

少なくともタモリさん本人は仕事を全うする上で、このスタイルが良いと感じていたと言えそうです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ