水野南北が語る少食・粗食による「開運の極意」

水野南北が語る少食・粗食による「開運の極意」

江戸時代の占いの大家である水野南北は、開運するためには少食・粗食が極意であると話しています。

その水野南北の言葉を引用しながら、少食と運の関係について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

水野南北が語る食と運の関係性

まずは水野南北の言葉です。

ただ人相のみで判断すると金ができ出世し長生きをする相の人で貧乏し若死をする人があり、貧乏で若死をする相の人が実際では金ができ、出生をし長生きする人があって、なかなか当たらぬことが多くの残念に思っていた。

人相のみではその人の運を占っても外れることが多かったそうです。

しかし、ある時に飲食が運と関係があるのはと思い、それを試してみたそうです。その結果に関して以下のようなことを語っています。

一年前には大難がくるようになっていた人が、断然飲食をつつしんだため、大難をまぬがれただけではなく、かえって良いことがあり、生涯貧乏である相の人が、飲食をつつしんだため相応の富貴を得て、今は大変出世している人があり、前々から病弱短命と判断していた人が、毎日飲食をつつしんだため、心身共健康で長生きしている人が少なくなく、こんな例をあげると数えきれないほどである。

と実際に占いをしながら検証した結果、その人の運勢と飲食には関連があり、人相や手相が悪くでも、飲食をつつしむことにより、開運していき、逆に人相や手相が良くても、飲食が乱れていれば運を失っていくということを水野南北を実際に確認したようです。

ある意味人相や手相よりも、その人の人生を知るのに役立っていると述べている事にもなる大胆な発言です。

水野南北は観相だけでなく食事を確認することで観相の大家に

スポンサーリンク


そのため水野南北は人の運命を占う時に、必ずその人の食事の在り方を確認してから占うようになったそうです。

それからは、人を占うのに、まずその人の飲食の様子をきいて、それによって一生涯の運、不運を判断したところ、万人に一人の失敗もないことがわかり、人の運命は全く飲食一つであると確信し、これを私の相法の極意と定めた。

水野南北は、観相にプラスして食事の状態をプラスすることで、的確に運勢を占えるようになったので、自信をもって、「開運の極意が少食にある」と語っています。

まあ、実際に運が向上するかどうかまでは、何ともわかりませんが、ひとつの励みにはなりますかね。

水野南北は三年は続けてみなさいと語っています。

自分はちなみに、一日二食もしくは一日一食という生活を始めてから、2013年の10月でちょうど2年になります。3年経った時にどうなるかはわかりませんが、とりあえず一日一食、二食生活を続ける楽しみができました(^^)

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ