少食と粗食で短命病弱の運命が変わる!水野南北の健康と長生きに関する言葉

少食と粗食で短命病弱の運命が変わる!水野南北の健康と長生きに関する言葉

多くの人が将来に向けて不安に感じることの1つが、健康であるかということ、そして長生きできるのか、ということではないでしょうか?

運が開ける秘訣、そして立身して成功する秘訣が、少食・粗食であると語っている江戸時代の占いの大家であった水野南北の言葉を、前回に紹介しました。

今日は、その水野南北の「少食・粗食による健康と長寿」に関する言葉です。

スポンサーリンク

病弱短命の相でも健康長寿になる秘訣が少食・粗食

まずは水野南北の言葉です。

前々から病弱短命と判断していた人が、毎日飲食をつつしんだため心身共健康で長生きしている人が少なくなく、こんな例をあげると数えきれない程である。

人相や手相の観点では病気がちで、長生きはできないと鑑定されるにもかかわらず、実際にはそうならケースがあることが水野南北を悩ませたようです。

人相や手相は統計学なので、確率が高いものを集めたものであって、100%確実なものではありません。

しかし、それでは納得いかず突き詰めて、占いの精度を上げようとてしていった結果、大きく影響を与えているのが食事の量だと水野南北は気づいたわけです。

そして実際に多くの人を鑑定していく中で、よりその仮説に対する確証を得ることになり、人相や手相に食事の様子を加えて鑑定すると「万人に一人の失敗もない」となったようです。

江戸時代に占い師として名を馳せた水野南北の極意、真髄ともいえるものが、「食事の量」「食生活」を把握することだったということになります。

水野南北の少食・粗食による健康と長寿に関する言葉

スポンサーリンク


その水野南北は少食・粗食による健康と長寿について以下の様な言葉を残しています。

  • 飲食が分限(もちまえ)より少ない人は人相が悪くても吉であり、相応の福分(しあわせ)を得、長生きし晩年幸福である。
  • 少食で、厳しく定めている人は、たとえ貧乏して悪い人相であっても相応のしあわせがあり、長生きして何事もたいてい不自由することなく、晩年しあわせであり、ひ弱そうに見えても病気をすることがない。
  • 寿命の長い短いは、ただ人相だけでは定めにくく、平常の食事の量を調べて占うと万人に一人の失敗もない。

この水野南北は理論だけでなく、実際に検証に検証を重ねた人でした。風呂屋で身体の相、散髪屋で頭の相、そして火葬場で骨相をそれぞれ3年ずつ、計9年にわたる研究もするほどの徹底的な人物です。

その水野南北が、自分の鑑定とその人の人生がどうなったかを検証した結論が、「少食・粗食であれば健康で長生きできる」です。

百発百中とも言われた占いの大家であった水野南北が「人の運命は全く飲食1つである」とまで述べていますので、信じてみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ