健康食とされる玄米に興味ありで挑戦も挫折・・・そんな私が今試しているもの

健康食とされる玄米に興味ありで挑戦も苦手・・・そんな私が今試しているもの

一日一食や二食の生活となると、基本的には食事の回数と量が減ることになります。

そのためさらに重要になるのが食事の質です。栄養が豊富でかつ、バランスがとれていることが大切になるわけです。

そこで多くの少食や一日一食生活を実践している方や専門家が推奨しているのが玄米です。

しかし、私はその玄米には数回チャレンジしてみたのですが、美味しいと思えず、挫折を数回繰り返しています。

スポンサーリンク

私が白米から玄米に切り替えることができない理由

玄米が栄養価が高く、身体に良いことは、本や雑誌で健康系の情報を読んでいるので重々承知でしたが、なかなか生活の中に取り入れることはできていません。それには大きく2つの理由があります。

1つは子供がいるのですが、玄米を子供を食べたがらないため、結局、白米と玄米を2回炊く必要に迫られること。そして食べるのに時間がかかってしまうこと、もう1つは私自身も美味しいとは感じれないことです。

玄米が知識としては身体に良いものだとインプットされているものの、白米とわけて炊くのは面倒、そしてその手間をかけて食べても、口にはなかなか合わない、そして忙しいのに食べるのに時間がかかると障害が多く、なかなか生活に取り入れることができませんでした。

しかし、玄米の栄養価や効果を考えると、何とか生活に取り入れたいという願望は持ち続けていました。

そこで色々と探した結果、見つけたものがあり、現在はそれを試しています。

それが『玄米粉』です。

玄米粉で玄米の良さを残して食べにくさを軽減できる

スポンサーリンク


玄米粉とは玄米を粉末にしたもので、玄米の栄養価などを残した上で、咀嚼する大変さを無くすことができる素晴らしいものです。

それを食事に混ぜたり、ソースに混ぜたりするわけですが、私は水に溶かして、それを毎朝飲むようにしています。

特に夏場になると、生姜紅茶は基本的に熱いものなので、飲み続けるのは正直言ってきついので、今週月曜日(2014年8月4日)からこの玄米粉を溶かした水を飲んでいます。

実際に試した感覚としては、まだ一週間も立っていませんが、なかなかよい感じです。体調面や便通などでも効果を感じるので、しばらくはこの、玄米粉を溶かした水を朝食抜きの空腹時に飲んでいこうかなと考えています。

またこのことによる体調の変化や改善された内容などは、このブログで折にふれて紹介していく予定です。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ