便秘解消の効果を高める!一日二食でやっておきたい3つのこと

便秘解消の効果を高める!一日二食でやっておきたい3つのこと

血液の汚れの原因となり、病気を引き起こしたり、美容にも悪影響を与える便秘解消に、朝食抜きの一日二食が効果的であると紹介しました。

ただ朝食抜きにあるだけでも、便秘解消に効果があるのですが、その効果をさらに高める方法があります。

これらの方法は、プチ断食をするときにも同様の効果があり、宿便を出すことにも一役買ってくれるものでもあります。一日二食で便秘解消効果を高めるためにやりたい3つのことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

便秘解消の効果を高めるために気をつけるポイントは?

それでは便秘解消の効果を高めるためにやっておきたいと3つのことを順に紹介していきます。

1.できれば朝食を抜き、難しければ12時間は食べない時間をつくる

一日二食を実践する上で、できるならば朝食を抜くことがおすすめです。朝の4時から昼の12時までは、人間の身体の消化、吸収、排泄のサイクルのうち排泄にあたる時間帯です。

この時間帯をお腹を空っぽの状態で過ごすことができれば、消化吸収にはエネルギーを使わずにすみ、身体のサイクルにもあっていますので、排泄が効果的に行われます。

しかし、仕事など様々なスケジュールの制約で、朝食抜きという生活が難しい人もいるかと思います。その場合には、12時間から15時間くらい食べない時間帯を一日一回は作ると良いです。

そうすることで空腹状態となり、腸の動きを活発化させるモチリンというホルモンを分泌させることが出来ます。

食べてから5時間から8時間ほどすると胃も空っぽになり、空腹状態となります。

そのため、だいたい12時間から15時間ほど食べない時間を一日一回作ると、一日二食での便秘解消効果を高めることができます。

2.温かい生姜紅茶を空腹時に飲む

スポンサーリンク


空腹時に、生姜をすりおろして入れた温かい紅茶を飲むと、便秘解消の効果的です。

空腹状態で温かい紅茶を飲むことになりますので、腸をより効果的にあたためることができますので、腸の動きが活発になり、排泄する力が高まることになります。

さらに、生姜は身体を温めて、身体の余分な水分や腸のガスを排泄し、腸液の分泌を促進して消化を助ける効果があります。

そしてすりおろした生姜を飲めば、そこに含まれる便通に効果の高い食物繊維を摂ることも出来ますので、より排泄の効果が高まります。

そのため一日二食で空腹時には、生姜紅茶を飲むことで便秘解消効果を高めることができます。

3.腹巻きをする

ウォーキングをしたり、腹筋することでも便秘解消の効果があるのですが、それよりも手っ取り早く簡単な方法として腹巻きをすることをおすすめしたいです。

腹巻きをすることによって、臓器が集中するお腹を温めることが出来ますので、当然、腸も温めることになります。

腹巻きによって、お腹を温めて、腸の血行も良くすることが出来ますので、その排泄のための機能を活性化させることが出来ます。

特に生姜紅茶で温まって動きが活発になった腸の動きをより長くキープするためにも、腹巻きをあわせてすると良いです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ