空腹感が強すぎて大変!そんな時は無理やりに一日二食にしなくても大丈夫!

空腹感が強すぎて大変!そんな時は無理やりに一日二食にしなくても大丈夫!

最近はずっと一日一食を続けているのですが、今日は、久しぶりに一日二食にしてみました。

身体を動かしまくって、強烈な空腹感に襲われましたので、今日は無理に我慢せずに一日二食にしました。

しかし、それでは意味が無いのではと考える人もいらっしゃるかもしれませんが、一日一食をすすめている専門家の先生たちも、そんなに厳密に一食にする必要はないと話しています。

スポンサーリンク

一日一食も一日二食も継続してこそ、その効果が出てくる

一日一食をすすめている専門家として、石原結實先生や南雲先生などが有名ですが、お二人共に厳密に一日一食というわけではないようです。

本をよく読んでみて、調べてみるとそうでした。

そのため、あまりにも空腹感が強すぎて、どうにもならないようなときには、無理をしすぎずに柔軟に対応するようにしました。

というのもあまりに無理をし過ぎて、そのことがキッカケとなって、一日一食の生活に対する嫌悪感みたいなものを持ってしまったら元も子もないからです。

そのためあまりにも空腹でキツイ時には、二食にしたり、三食にしたほうが、結局長い目で見れば、一日一食を継続できるのではないかと考えています。

一日一食にしても、一日二食にしても、実践し続ければ、身体には良い影響があるわけですが、継続できなければ、当然のことながら何の成果も出ません。

抵抗感が強くならないように気をつける

スポンサーリンク


一度、一日一食や二食がキツイことだと感じてしまうと、その後、健康に良いと頭でわかっていたとしても、感情がついていかなくなって、気がついたら実践をやめていたということになりがちです。

人間は感情の生き物なので、感情的に受け付けなくなると、いくら知識で押し切ろうとしても難しくなります。

そのため抵抗感が強くなると、それを取り払うのは容易ではありませんので、無理をしすぎないことは重要です。

空腹感を和らげる方法はあるのですが、それを試してみても、どうにもならないと感じるなら、無理せずに食べたほうが良いと思います。


参考記事:一日二食や一日一食で空腹が辛い時には?空腹感のカラクリを知って対処する!


特に一日二食や一食が習慣になっていない段階で強烈な空腹感の中で無理にやったら、必ず反動がきて、暴飲暴食しがちです。

また無理やりに継続したら、ストレスが蓄積されますので、やはりどこかで反動がきますので、特に初心者の人は、無理しすぎずに実践したらいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ