自己流は危険です!一日二食(一食)を実践する前に読んでおきたい本

自己流は危険です!一日二食(一食)を実践する前に読んでおきたい本

一日二食がいいのか、一日一食がいいのかは、人それぞれです。

自分は体調を見ながら、胃腸をもっと休めたほうがいいなあと感じ始めたら、一食にしています。ですが、通常は一日二食で生活していますが、やはり自己流は危険です。

ある程度の理論と最低限の基礎知識があったほうが良いことは間違いありません。

スポンサーリンク

専門家の知識でポイントを抑えて実践する

自分は、この一日二食生活をはじめるにあたり、実践する上でのポイントを抑えて、しっかりとした効果を出すために、専門家の本を読んで、知識を得ました。

そして何より無茶なやり方をした場合に、逆に健康を害したり、体調を崩す可能性もありますので、要注意です。

この一日二食の生活の良さを知るキッカケとなった石原結實先生の著書は、10冊以上読みました。

最近は、南雲吉則先生の著書が出されましたので、それも先ごろ読んでみました。

なぜ一日二食が身体にいいのかということを専門家の方が、専門の知識を用いて説明してくださっています。

しかも、とてもわかりやすくまとめてくださっています。

一日二食や一食を実践していくと、やり方や効果に関することなど、様々な疑問などが出てくるものですので、やはりこういった書籍は手元に置いておきたいものです。

一日一食・一日二食・断食を実践する前に読んでおきたい本

スポンサーリンク


特に石原結實先生の本は、放射能汚染に関する内容も含まれた著書も幾つかありますので、そういったことが気になる方にはなおさらオススメです。

実際に一日二食や一食を実践するにもいくつかポイントがあります。そのポイントを守ってやると、独力でやるよりも比較的簡単に実践することができます。

一日二食とういと、一食を抜くときに多くの我慢がいるように思うかもしれません。

しかし、石原先生の本では、それをうまくやり過ごす方法なども教えてくださっています。もちろん健康に悪くない方法です。

石原先生は人間は免疫力を高めれば多くの病気を治癒できるという見解をもっていて、著書の中では、ガン患者が一日一食を実践してガンを治したというような事例も紹介されています。

もっと評価されていいような、素晴らしい先生だと思いますので、ぜひ一度石原結實先生の著書を手にとって見てください。

自分が読んでみて、特にオススメできる一日一食・一日二食・断食に関する本は以下になります。

  • 「空腹療法」石原結實
  • 「空腹が人を健康にする」南雲吉則

「空腹療法」という本は。とても良く石原先生の理論がまとまっています。

そして南雲吉則先生の本もベストセラーとなっていますし、内容もわかりやすいので、実践する前には是非読んでおいたほうが良いと思います。オススメの厳選2冊です。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ