一日二食の習慣化に必要な期間は?まずは3週間のカベを超えて習慣化

一日二食の習慣化に必要な期間は?まずは3週間のカベを超えて習慣化

だいたい人間の行動が習慣化するには、三週間かかるそうです。

3週間同じ行動を繰り返すと、脳のシナプスが新たに形成されて、脳にその行動のための回路ができるそうです。

通勤や通学でボーっとしてても、会社や学校にたどり着けるのは、脳に回路が形成されているので、無意識にできてしまうようになります。

そのため一日二食を挫折せずに、続けるには、新しい脳の回路を形成できるまで続けれるかかどうかが、ひとつのポイントになります。

スポンサーリンク

一日二食も慣れてしまうと普通のことになる

朝食を食べない一日二食をある一定期間続けると、それが当たり前の行動パターンになり、抵抗感がすっかり無くなって、食べないことが普通になってきます。

自分自身は、もう長く朝食抜きの一日二食で生活しているので、朝食を摂らないことが、すっかり自分の中で習慣になっています。

そのため健康のために、一日二食を続けようとするなら、まずは習慣化をすることが重要になります。

そのため習慣となるまで、ある一定の期間はなんとか続ける必要があります。

何かするときに習慣化するには、どうしても3週間ほどは脳の性質上かかるものです。それは一日二食生活も同じです。

そのため、まずは3週間続けるということを目標にすると良いと思います。

習慣化して一日二食の良さを味わうと自然と続けられる

スポンサーリンク


ずっと続けると思うと、精神的にキツイので、3週間のお試しくらいの感覚でやってみると良いのではないでしょうか。

一旦、朝食を摂らない一日二食が習慣化してしまい、その生活の良さを味わってしまうと、よほどでないと朝に食事をしようと思わなくなります。

たまに空腹感が強くなり、朝食をとることが2,3ヶ月に一回くらいにあるのですが、決まってその日は体調が悪くなります。

そのため一日二食のほうが体が楽で、元気になるというのが自分自身の経験としてあるので、多少の空腹感は切り抜けることができます。

すっかり一日二食生活による体調の良さを体験した今は、余程でない限り、朝食を食べる気はしません。ましてやモーニングビュッフェなどは、最近は逆に拷問のように感じるほどです。

人間は習慣の生き物と言われるくらい、習慣というのは大切です。その習慣化の目安が3週間ですので、まずは3週間やるということを意識して取り組むことが、良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ