なぜ一日一食や断食を実践すると好転反応が起こるのか?身体に潜む毒素が影響

discharge-to-stream-1494826

一日一食を実践したり、一日断食、そして3日断食などを実践すると体験することが多いのが”好転反応”です。

軽い頭痛がしたり、便の匂いがきつくなり、そして便が黒いヘドロのようになったりするのですが、それを通過した後は、驚くほど身体が軽くなり、楽になります。

もちろんあまりにも症状がひどい場合は一旦やめることも必要ですが、改善される過程で起こり得ることではあります。

自身の体験したことがある事実として、その現象を認識していましたが、それがなぜ起きるのか?というところまではなかなかわかりませんでした。

しかし、今回、書籍を読んだ際に、そのことに言及している内容があり、好転反応が起こる理由について知ることができました。

スポンサーリンク

体内の脂肪は病原菌と毒素の倉庫となっている?

船瀬俊介さんの著書である『3日食べなきゃ、7割治る!』の中で、酵素ダイエットで知られる鶴見隆史医師との話の中で以下のように書かれています。

まず脂肪の中に病原菌が潜むというから驚きます。断食で脂肪が分解されると、潜んでいた病原菌が”脂肪毒”として排泄されるわけです。それがさまざまな症状を引き起こします。いわゆる断食の好転反応と呼ばれる症状です。
さらに、脂肪細胞からさまざまな物質が分泌されています。代表的なのがアデポ・サイトカインという活性物質です。これは脂肪由来のホルモン様物質。断食すると、それらが脂肪細胞から多く放出されます。発見されたのは1996年と比較的新しい活性物質です。よく”脂肪毒”といわれるもので、断食はこれらの”毒素”を脂肪から放出させるのです。潜んでいた病原体も出てきます。
「脂肪の中にウイルスや病原菌がいっぱい潜んでいますから。さらに、加えて有害なサイトカイン類もいっぱい出てくるのです」(鶴見医師)

身体の中に蓄えられた脂肪の中にはウイルスや病原菌が多く潜んでいて、さらには身体に有害なサイトカイン類も放出されるとのことです。

そうなると脂肪を多く蓄えているということは、その脂肪の中にウイルスや病原菌という病気の原因となるものをストックしていることになります。

食べ過ぎること、なぜ病気につながるのかが、良くわかる話ではないかと思います。

そしてその後には脂肪毒として3つの脂肪サイトカイン分泌と病気の因果関係が知られていると紹介されています。

(1) PMFアルファ:糖尿病になりやすい
(2) アンギョーテンシノーゲン:高血圧になる
(3) パイウォン:血栓ができる

「このように有害なアデポ・サイトカインという物質は、ほとんど脂肪細胞から出現している。それが完全にわかったのは2000年をすぎてからです」(鶴見医師)

脂肪を多く抱えるような生活をすることは、自分で自分に時限爆弾を仕掛けていると言っても良いのかもしれません。

尿や便に変化が現れているのは毒素が身体から出ている証

スポンサーリンク


鶴見医師は3日断食では良くなるが、改善の途中だと述べています。それを以下のように説明しています。

「断食で脂肪細胞を取る。3日ではまさに悪いものがなだれ落ちている序章。その時はいちばん症状がきつい。毒素細胞が全部、渦になって小便やら大便に出ている。この過程は毒物ですから炎症がものすごく起こっている。吐き気、頭痛がする。かえって悪くなっているように見える時期です。」(鶴見医師)

断食では身体の外部から栄養が入ってきませんので、身体の中に蓄えている脂肪を取り崩さざるを得なくなります。

そうなると脂肪細胞が取り崩されていく中で、毒素も合わせて流れ出ることになります。

断食、一日一食を実践すると、脂肪が燃焼され、そこにあった毒素が雪崩のように動き出し、その過程で炎症をおこすため、さまざまな身体的な変化が起こるということです。

「毒物は全部、小便か回腸に降りて宿便になって排泄される」と鶴見医師は説明していて、好転反応として、尿の色が濃くなったり、便がヘドロのような匂いや色になったりするのは、毒素が身体から出ている証だと言えます。

この毒出しをするプロセスでは一旦は体調が良くないように感じるのですが、そこを越えると頭はすっきりし、身体は軽くなります。

一日一食を始めた当初には、上で述べたような現象が起こりましたし、3日間の断食を実践した時にも、同様のことが起こり、その後は体調がすこぶる良くなりました。

少食を実践すると、身体が消化にエネルギーを大量消費しなくてよくなり、排泄にエネルギーを使えるようになるため、排泄能力が高まります。

無理をし過ぎることは良くありませんが、好転反応というものがあるということ、そしてそれがなぜ起こっているのかを理解しておくことは重要ではないでしょうか。

そして、不安だという方は、断食道場や医師の指導のもとで断食が行える施設がありますので、そこを訪れたり、一日二食から始めるなど手軽に実践できる方法などもあります。

身体の中に巣喰う病気のもとを追い出すためにも、少食生活に取り組んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ