一日二食や一日一食で空腹が辛い時には?空腹感のカラクリを知って対処する!

一日二食や一日一食で空腹が辛い時には?空腹感のカラクリを知って対処する!

一日二食がすっかり習慣にはなっているもの、やはり空腹感が強くなって大変なときがあります。

それでも現在は、一日二食の良さや価値を知っているので、やり過ごすことができます。

というのも食べた時の体のダルさと比較して、食べなかった時の体の軽さと頭の回転の良さを体験しているからです。

それでも、実践し始めた時は、お腹が空いてどうしようもなくなり困ったことはしばしばありました。しかし、その空腹感を和らげる方法を知っていたので、うまく乗り越えて今に至っています。

では、空腹感で何かを食べたくなった場合には、どうすればその空腹感を和らげることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

空腹を和らげるのには黒砂糖入りの生姜紅茶と黒飴を!

空腹感というものは、実際に胃袋が空っぽになっているので、感じていると考えがちですが、実はそうではありません。

胃袋に物があったとしても、空腹感を感じてしまう時があります。

というのは、空腹感とは血糖値の問題で、人によってその基準は異なるのですが、血糖値がある水準を下回ると空腹感を感じます。

なので、糖分が不足していると、空腹感を感じるような人間の生理となっています。というのも人間の細胞のエネルギー源の9割以上が糖分のため、糖分が不足するのは死活問題だからです。

これが空腹感のメカニズムです。

そのためこの空腹感のメカニズムを知っておけば、胃腸に負担をかけずに、糖分を補給すれば、食事をとらなくても、空腹感を和らげることができます。

空腹感を和らげるには黒砂糖で胃腸に負担をかけず糖分補給

スポンサーリンク


そこで登場するのが黒砂糖入り(はちみつ入り)の生姜紅茶もしくは黒糖による黒飴です。

私は、お腹が空いてどうしようもないときは、黒砂糖(ハチミツ)を入れた生姜紅茶を飲むか、もしくは黒飴をなめる、黒砂糖のブロックを食べるなどして、空腹感を和らげています。

一番のオススメは黒砂糖入りの生姜紅茶で、自分は夏以外の季節では、黒砂糖入り生姜紅茶を飲んでいます。

生姜は身体を温める効果がありますので、特に冬には最適です。

また黒砂糖はミネラルが多いので、脂肪が燃焼しやすくなり、太る心配も少なく糖分補給ができます。

そして胃腸にも負担をかけずにすみます。

このようなメリットがあり、とても良い生姜紅茶ですが、唯一といっていも良い弱点があります。

それは、夏に飲むと、身体が熱くなりすぎて、汗をたくさんかいてしまうことです。

ですが、夏場でも、クーラーが苦手で冷え性だというような人には、夏でも生姜紅茶が良いかもしれません。

私は暑がりなので、夏の暑い時期は、生姜紅茶ではなく、黒飴を舐めています。

ポイントは黒砂糖で糖分を補給することなので、自分の身体に合わせて生姜紅茶、黒砂糖ブロック、黒飴の中から選ぶと良いです。

そうすれば一日二食や一日一食の空腹感をうまくやり過ごし、快適に過ごすことができるようになりますので、実践する時には、このこと覚えておくことをオススメします。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ