白砂糖ではダメなのか?黒砂糖が少食・断食に最適な理由

白砂糖ではダメなのか?黒砂糖が少食・断食に最適な理由

少食・断食を実践する上で、重要な役割を果たすものとしえ、黒砂糖入り生姜紅茶黒飴などの紹介をしてきました。

当然の両方共に、黒砂糖が含まれていて、その黒砂糖が身体に良いことを、何度かお伝えしてきました。

半日断食などを実践するときに、気をつけたいことのひとつに低血糖症状があります。それを防ぐためにも、糖分は摂取した方が良いです。

このように糖分をとることは必要なのですが、なぜ白砂糖ではなく、黒砂糖なのか?ということを今回はまとめてみました。

スポンサーリンク

白砂糖も適量でとめれると良いが、それが難しい理由が

白砂糖自体が完全にダメなものということではありません。適量でとどめることが出来るなら、脳のエネルギーとなるブドウ糖となりますので、脳には良いですし、身体に悪影響はありません。

ただ、一度多く摂取し始めると、なかなか白砂糖を大量に摂ることから、抜け出せなくなるものでもあります。

白砂糖の成分の99%は糖質です。精製して糖質の割合がかなり高くなっていますので、摂り過ぎると、肥満、糖尿病、虫歯などにつながりやすくなります。

ひとたび大量に砂糖を摂ってしまうようになると、血糖値が急激に上昇します。そしてそれを抑えようとインシュリンの分泌が増えることになります。そしてその結果、今度は低血糖となり、糖分を強く欲するようになります。

その結果、また糖分を大量にとり、血糖値が上がり、インシュリンが・・・というサイクルが繰り返され、自分の中でパターンとして強化されてしまいます。

白砂糖は他のミネラルやビタミンなどもほとんど含まず、99%が糖質のため、血糖値も上がりやすく、一度そのサイクルに入ると、やめるのは簡単ではありません。

甘いモノが好きな人が、ダイエットに成功しにくい理由のひとつがここにあります。そのサイクルから抜け出せないのです。

黒砂糖は糖質だけでなくミネラル・ビタミンが豊富

スポンサーリンク


では、一方の黒砂糖はどうなのでしょうか?

黒砂糖は糖質をもちろん含みますが、糖質を燃焼するのを助けるビタミンB1・B2が豊富で、ミネラル(カリウム、鉄、亜鉛)なども多く含みます。さらにはカルシウムは何と白砂糖の150倍ということで、歯にも良いのが黒砂糖です。

そして中国の薬物事典(医学事典)で「黒砂糖は白砂糖よりも身体を温める」との記載があるそうです。

このようにあ必要な糖分とともに、体に必要な栄養素を摂取できますので、黒砂糖が良いということです。

身体の60兆個あると言われる細胞は、糖分をエネルギー源としています。そのため糖分を摂取することは必要なのですが、糖分だけでなく、バランスよく他の必要な栄養分を摂取することが望ましいです。

それを実現できるのが黒砂糖と考えられます。

まとめ

糖分を摂ることは、低血糖を防ぎ、少食・断食を実践する上でのカベとなる空腹感を軽減し、断食のあとのドカ食いを防止する意味でも重要なことです。

空腹感は実際に胃が空っぽになっているかどうかではなく、糖分が足りているかいないかで判断されていますので、糖分を補給すれば、胃は空っぽでも空腹感がなくなります。

その糖分の補給に栄養十分の黒砂糖となるわけです。

自分は、半日断食中はもちろんのことを、家で使う砂糖はすべて黒砂糖にしています。

そのため家には黒砂糖しか存在していませんので、料理も妻が焼く手作りのクッキーやお菓子もすべて黒砂糖です。

白砂糖よりは割高ですが、健康のことを考えれば、長い目で見れば安い投資だと考えているからです。

胃腸を休ませながら、必要な糖分・栄養を補給できるのが、黒砂糖の魅力です。そのため、白砂糖ではなく黒砂糖が強くすすめられているのです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ