プチ断食で野菜ジュースを飲むことがなぜ良いのか?知っておきたい野菜ジュースの効果

プチ断食で野菜ジュースを飲むことがなぜ良いのか?知っておきたい野菜ジュースの効果

週末を利用して断食したり、朝食を抜く一日二食によるプチ断食で、よくすすめられているのが、野菜ジュースです。

朝食抜き、一食抜きを推奨している石原結實先生は、朝食を抜いている時に、黒砂糖入りの生姜紅茶とともに、りんごと人参の野菜ジュースを飲むことをすすめています。

では、なぜ朝食を抜いている時や、週末を利用した一日の断食などをしている時に、野菜ジューズを飲むと良いのでしょうか?

スポンサーリンク

野菜ジューズには酵素がたっぷり!

人間の体内には酵素があり、それが生命を維持する上で大きな役割を果たしているそうです。

その体内酵素には、消化酵素代謝酵素という2つの酵素があります。

消化酵素とは、食物を分解して、腸壁から栄養を吸収できる状態にするために使われる酵素です。

一方の、代謝酵素は人間の生命維持のために使われます。

吸収した栄養をエネルギーに変換して、筋肉や神経など組織を作ったり、体中にエネルギーを運ぶことに使われ、大変重要な役割を果たしています。

そのため、健康で、丈夫な身体を維持するためには、代謝酵素がしっかりと働くかどうかがポイントとなります。

空腹状態で野菜ジューズを飲むと効果的に食物酵素が摂取できる

スポンサーリンク


このように消化酵素と代謝酵素というものが、人間の生命の維持に重要なのですが、この酵素が体内で不足しているようでは、健康な状態を保つことが難しくなります。

食べ過ぎの状態では、体内の酵素を消化酵素として使い続けることになります。

しかし、食事をしていない空腹の状態だと、当然のことながら消化酵素が浪費されていません。

そこに酵素をたっぷり含んだ野菜ジュースを飲むことで、食物酵素を摂取でき、体内に酵素を十分ぬ補給することができ、代謝酵素の働きを助けることができます。

その結果、代謝酵素が強力に働くことができ、健康で、美容にも良い状態を保てることになります。

そのため、断食して空腹の状態のところに、食物酵素をたっぷりと摂取して、健康な状態を促進するために、断食中に野菜ジュースを飲むことが重要なのです。

スポンサーリンク

よく読まれています

サブコンテンツ

このページの先頭へ